定年までゲーム制作を続けるキャリアアップ

ゲーム開発の業界は、比較的新しい分野です。開発の最前線で働くスタッフたちは、若者が多いです。
しかしゲーム制作の仕事で働くエンジニアにとって、定年まで働けるかどうか心配な面はあります。確かにゲーム業界では、重鎮といえる年長の開発者は少ないです。その理由として、仕事の厳しさから転職するエンジニアの多いのも要因です。

ゲーム制作では、開発スケジュールが当初の予定通りにうまく進めることができず、仕事が激務になる場合が珍しくありません。そのために、年齢を重ねるにつれてゲーム開発のための体力が続きません。

そこでゲーム開発の業界に在籍しながら、なおかつ定年まで働き続けるためには、早めのキャリアアップが必要です。開発現場の上流の仕事に就くことができたなら、比較的仕事の負担は軽くなります。例えばゲームプログラマーとして働くエンジニアも、次のキャリアを想定する必要があります。

次のステップアップとして、プロジェクトリーダーやプロデューサーの立場が目指せます。ゲーム開発現場でのキャリアアップには、まずプログラマーなど従事している仕事を通じて、経験を積むことが大切です。
さらに、現場を指揮するにはどのような能力が必要かを分析し、スキルアップの心掛けも大切です。キャリアがアップするほど、得られる収入が増え生活の安定性が増します。早めにゲーム業界でのキャリアアップのプランを立てると、それだけ準備の時間を多く確保できます。