ゲーム制作エンジニアの苦労

ゲーム制作のエンジニアの仕事は、ひたすらプログラミングすることが仕事です。ゲームの内容を考えるのはゲームクリエイターの仕事なので、与えられたシナリオに対して忠実にプログラミングを行うのが仕事となるわけです。
最近のゲームは流行の移り変わりも早く、常に納期との戦いであるのがつらいところではないでしょうか。

特に、自分で面白いと思えないゲーム開発の仕事が入ってきた時には、納得のいかない気持ちを抱えながら悶々とした気持ちでプログラミング作業を進めてゆきます。
また、最もつらい作業はデバッグ作業ではないでしょうか。自分で作ったプログラムは、内部構造がわかっているため、バグが出ないような使い方を本能的にしてしまうものですが、実際にゲームをリリースするとユーザーはどんな使い方をするかわかりません。あらゆることを想定して、自分の作ったゲームを操作してバグが出ないかどうかを検証しなければならないことはつらい作業です。

また、最近はオンラインゲームなども主流となってきているので、24時間体制で大勢のユーザーが遊ぶことが多くなりました。
そのため、致命的なバグが発生した場合は、即時に対応しなければなりません。ゆっくりと寝ている時にもバグ修正の依頼が来ることもあるのです。ゲーム製作エンジニアにとってはバグ対応などのサポート体制を常に整えておかなければなりません。
さらには、バグ解消に時間を取られて現在抱えている開発案件のスケジュールが遅れてしまうことも考えられます。