理解しやすいコーディングが重要になる業界

ゲーム制作業界で働くエンジニアの主な仕事は、プログラミングによってゲームプログラムを作り上げることです。
そのため、プログラミング技術は必要になり、現場に応じて必要な言語を習得していることが求められます。プログラミングに長けている人ほどオリジナルのコーディングをすることに執着しやすいものの、ゲーム制作業界においてはそれが良しとされません。

たとえオリジナリティーがあったとしても、誰にでも理解できる形でコーディングされていることが望まれます。コーディングのオリジナリティーはしばしば他人に対して難読になることでセキュリティー面の向上に貢献するパラメーターであるものの、ゲームの場合は単純明快であって誰にでも改変できるようにすることが必要になるのです。
有能なエンジニアほど新しいゲームのプログラミングに従事して欲しいのが現場の実情であり、デバッグやプログラムのアップデートは別の人材に任せることが多くなります。

そのため、実際にプログラミングを行った人よりもスキル的に低いレベルにある人が簡単に理解できるコーディングになっていないと現場が立ちゆかなくなるのです。そのため、たとえコーディングにオリジナリティーを盛り込むことに気概が高いエンジニアであっても献身性が求められます。
少しでもわかりやすいコーディングにすることが現場を滞りなく動かせるようにするために不可欠だからであり、ゲーム制作業界の仕事に向いている人はプライドを捨ててでも理解しやすさを追求する献身性に加え、タフさも兼ね備えている人が適任だと言えます。